アウトドアと言えばやはりテントで宿泊するモノが最もアウトドアっぽい行為ということが出来るのではないでしょうか?そしてその際に重要となるのがテントを寝袋選びと言えます。特に寝袋は快適な睡眠を確保する為には拘っりたい部分です。実は寝袋というのは安価な商品だと1000円を切る様なモノも販売されていますが、その一方で10万円近くする商品も存在します。つまり値段の幅が特に広い商品なので品質、機能、寝心地などを考慮して厳選するようにして下さい。

寝袋、シュラフは大別してミノ虫状のマミー型とゆったりとした寝ごこち重視のレクタングラー(封筒型)とがあります。形状の違いとあとは場所、季節により向き不向きがあり、さらには持ち歩く際にコンパクトになるのはマミー型と言えます。なので両者の特性を理解した上で選ぶようにしましょう。あと寝袋のは3シーズン用と冬用とがあり安価だからといって3シーズン用を購入してそれを冬に使うと寒くて寝れないなんてことになるので注意しましょう。寝袋には耐久温度(快適温度)が明記されているのでどの気温に適しているかを確認して下さい。

お勧めの寝袋はコールマンなら封筒型とマミー型の2つのいいとこどりをしたストレッチケイマンというシリーズです。ストレッチケイマンなら寝る時に圧迫感がないのが特徴でストレッチ素材だから伸縮、フィット感が優れています。そしてコンパクトに収納できるので利用しやすい一品と言えます。

他にも冬に利用するならサーマレスト アルタイル レギュラーサイズ[最低使用温度-18度]がイチオシ。最高級のダウンにより暖くて、その上コンパクトなので持ち運びしやすいのが魅力です。またサーマレストの寝袋は胴回りにスペースがあるから寝返りがうてるので寝心地がいいと言えます。

個人的にお勧めしたいのがユニークなキャンプギアが話題のブランドの人型シュラフヒューマノイドスリーピングバッグです。ここのドッペルギャンガーアウトドア ヒューマノイドスリーピングバッグ ダウンシリーズ [最低使用温度 -5度]は動ける人型寝袋で軽くて暖かいダウンモデルなので可愛いし動きやすいしお勧めです。

WAQの寝袋もおすすめです。

娘が生まれて2ヶ月ぐらい経った時に夜中の2時ごろから明け方までしっかり眠ってくれず夜泣きが続いた時期がありました。オムツを買えてあげたり母乳を飲ませてあげたり、衣服を脱がして体温調整をしてあげたりと考えうる限りの対応をしたのですがどれも効果がありませんでした。

そんな時に、先輩ママからアドバイスされたのが、おくるみを使うことでした。おくるみは普通にネットで販売されているコットンガーゼタイプのもので、これで赤ちゃんをしっかり、くるみこむようにして巻きつけて上げると安心して寝てくれるというものだったのです。

半信半疑でおくるみを購入し、先輩ママからおくるみの巻き方をアドバイスしてもらってその日の夜から試して見ました。するとしっかりぐるぐる巻きにされた娘は、全く朝まで起きることなく長時間続けて寝てくれたのです。

おくるみの効果がこれだけあるとは、本当に驚きでした。ただ巻いただけなのに赤ちゃんはお腹の中にいた時に羊水に守られていた状態と同じように安心するのだそうです。おくるみひとつで、あれだけ大変だった毎晩の夜泣きがぴったりと治るのですから、これは生まれたての赤ちゃんの夜泣きに悩んでいるお母さんには是非ともすすめたいです。

購入したモダンバーラップのおくるみ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。